TAL 21 / TENENKO / An Antworten EP



TAL21
TENTENKO
An Antworten

12”EP incl. DL / DL
Release: 5 March 2021

Worldwide distribution: MORR

Ki-Iro (Tentenko) 8:39
Mizu-Iro (Tentenko) 6:29
Spray Sky Mix (Tolouse Low Trax) 5:14
Get Version (MM/KM) 6:02
Mizu-Iro Morph (Nika Son) 5:45

Mastering: Detlef Funder, Paraschall Düsseldorf
Vinylcut by Anne Taegert at Dubplates & Mastering
Ki-iro and Mezu Iro were recorded by Tentenko at Under the Bed Studio, Tokyo.
Illustrations: Tentenko


400 copies


CAT T-SHIRT
Illustration by TENTENKO
Limited Edition of 40

Short Sleeve T-Shirt
available in sizes L, M and S
Colour: White
Fabric: Carhartt Heavyweight Organic Cotton
Silk Screening: 667 Düsseldorf

plus shipping: Germany 2,50 EUR – EU/World 7 EUR
Thanks to Carhartt Düsseldorf/Philipp Maiburg


AN ANTWORTEN showcases two new tracks from Tokyo based producer TENTENKO alongside revisited and reworked versions by TOLOUSE LOW TRAX, MM/KM and NIKA SON.

Whilst on her first ever European tour in December 2019, TENTENKO played a number of highly energised live shows in venues such as Salon des Amateurs or Alien Disko Festival Munich, where she has had the chance to finally meet up with some local electronic producers like TOLOUSE LOW TRAX, MIX MUP, KASSEM MOSSE and NIKA SON, whose work she had admired from afar for a long time already. Through these meetings the ideas towards this remix ep began to take shape.

TOLOUSE LOW TRAX toils a tuff sort of hypnotizing Crepuscule-Hiphop minimalism. His SPRAY SKY MIX is faithfully in tune with the original TENTENKO material whilst still bearing his most explicit rythmic signature.

MM/KM (MIX MUP and KASSEM MOSSE) have over the years consolidated a strong identity of non conformist dance music. When MM/KM stressed that they would rather answer (ANTWORTEN) the sounds of TENTENKO than doing a mere remix, this approach led not only to their “GET VERSION” but also ended up supplying the title of this EP.

NIKA SON’s MIZU-IRO MORPH is exploring a more narrative based dramaturgy of sounds that imbue the original track with a duskier cineastic appeal.

TENTENKO is a Tokyo-based electronic music producer. Her career began in 2013 when she joined the mainstream idol group BiS. Immediately after her departure from BIS in 2014 she commenced work on her solo project under her artist name TENTENKO. Since then she has radically reinvented her music away from glossy J-POP towards weird and industrial rooted dancefloor.


『アン アントヴォーテン』は東京ベースに活躍するテンテンコの新曲二曲に加えて、TOLOUSE LOW TRAX、MM/KM、NIKA SON によるリミックスEP。
TENTENKOは東京をベースに、アバンギャルドなエレクトロニックミュージックシーンの一角として精力的に活躍するアーティスト。2014年にアイドルグループBiSの活動を終えた後、TENTENKOとしてソロ活動を始動。オーバーグラウンドとアンダーグラウンドを自由自在に行き来し、観客を魅了する。ソロだけでなく、伝説のノイズバンド非常階段など、様々なアーティストとのコラボなど、J-POPでのキャリアとは一変して、ダンスフロアにインダストリアルでラディカルな音で切り込み、ダンスミュージックシーンにて独自のジャンル切り拓いている。2019年 にTALよりスプリットLP SUPER MILD (TAL15) をリリース、2019年の12月、初のヨーロッパツアーで、ミュンヘンのエイリアンディスコフェスティバルやデュッセルドルフのサロン・ド・アマチュアなどで 熱いプレイで観客を魅了す と同時に、彼女自身が好んで聞いてきたクリエイター達と直に会う機 会をえた。この出会いを経て、テンテンコのリミックスEPが実現した。
デュッセルドルフの伝説のクラブ、サロン・ド・アマチュアの核であるTOLOUSE LOW TRAXの SPRAY SKY MIXは ミニマルヒップホップかのような錯覚を起こさせつつ、彼独自のリズムセ ンスで仕掛けてくる。
MM/KM はMIX MUP と KASSEM MOSSE。ライプチッヒから発信するダンスミュージックのクリエーターデュオの卓越したセンスが光る一曲。彼らのコンセプト、『リミックスではなく、テンテンコのトラックに返答したい』から このダンストラックGET VERSIONだけではなく、このEPのタイトル『アン アントヴォーテン』(和訳『返答へ』) 生まれた。
ハンブルグのゴールデンプーデルでも活躍する女性アーティスト、NIKA SONのMIZU-IRO MORPHは音のドラマツ ギーを操り、オリジナルトラックからダークな映画を想起させる物語 性引き出している。