TAL 05 / RELEASE: 06.10.2017 / HINOSCH

TAL05_Hino Schneider_312x318_v17.indd

HINOSCH
TAL 05
12“EP / 33rpm
Release: 6 October 2017

 

 

 

Side A
TALENT – 4:21
RED RED – 4:46

Side B
SAN – 5:24
FIRST MONDAY – 7:10

Electronic excursions from Düsseldorf/Osaka duo.
Koshiro Hino (Osaka)
Stefan Schneider (Düsseldorf)

The cover features a silk screen printed and manually stamped piece of artwork.
All music by HINOSCH
Mastering by Detlef Funder at Paraschall, Düsseldorf 2017

TAL 05 – Buy
TAL 05 – First 100 copies with YODABAG
bandcamp


HINOSCH is the performing moniker of Koshiro Hino (Osaka) and Stefan Schneider (Düsseldorf), who present their joint debut release on Düsseldorf’s TAL imprint. Having just finished a number of collaborative live sets in Japan und Europe, Hino and Schneider have prepared four unruly studio tracks, pushing unsynced electronic instruments into knotted spaces of tape treatments and sinuous operations. Running parallel to their various solo and collaborative works Hino and Schneider are fully committed to HINOSCH as a joint project with its very own DNA. Although the four tracks of HINOSCH do carry a sense of spontaneous and rough syncopation, the production here is tightly crafted. The opening title TALENT offers swelling arpeggios which wobbles over distant drums before playfully proceeding into the hiss and bliss of a pitched down vocal drone. From here the music of HINOSCH unfolds as a playful circulation of fragmented connections and pulsating motifs. After having emerged from the ever thrilling Osaka music scene onto the international playgrounds of electronic music just a few years ago Koshiro Hino’s solo activities as YPY and his involvement with the band GOAT have already garnered him a very favourable international reception. Stefan Schneider has over the years produced and collaborated with a.o. Joachim Roedelius (Cluster), Arto Lindsay, Klaus Dinger (NEU!), Dieter Moebius (Cluster), Alexander Balanescu, John McEntire (tortoise), Katharina Grosse, Bill Wells and St.Etienne.


音楽の冒険者がやってきた。

HINOSCHは、独 デュッセルドルフのシュテファン・シュナイダーと大阪の日野浩志郎のデュオ。
今年10月にデュッセルドルフのレーベル、TAL imprint からデビューEPをリリースする。

2016年2月、シュナイダー来日公演の際に共演したことをきっかけに、ヨーロッパ、日本での共演を重ねた後、このEPは2016年11月デュッセルドルフのシュナイダーのスタジオで録音製作された。
シンクしていない電子楽器、カセットテープやサインジェネレーターを極限まで妖しく操る二人の珠玉の4曲。その音はそれぞれの個人名義での作品からさらに飛躍し、HINOSCH独自の音空間へと拡がってゆく。 一見、衝動的で荒削りな印象も、細部まで実に緻密に作り込まれていて、聴き込むたびに新鮮な衝撃をあたえる。
1曲目のTALENTの冒頭、膨張する電子音が、遠くのドラムのビートへゆっくり飲み込まれてゆく。その先には、時に遊び心にあふれ、時にはミニマルな音の断片達が独自なグルーヴ空間を構築してゆく。ヒス音とともにピッチダウンされたユーモラスなボーカルのドローンに導かれ妖しい空間へと滑り込むと、そこにはHINOSCHの存在が呼吸し鼓動している。

日野浩志郎
YPY名義でのソロ活動と同時に、goat、bonanzasというバンドのコンポーザー兼プレイヤー、最近ではクラシック楽器や電子音を融合させたハイブリッドな大編成プロジェクト、Virginal Variationsを開始。 近年は毎年 goat、YPYでヨーロッパツアーをおこなう。Nous、EM records、Where To Now?からレコードをリリースしている。カセットテープレーベル birdFriend主宰。
soundcloud.com/koshiro-hino

シュテファン・シュナイダー
Kreidler、To Rococo Rot、Mapstationとして、ポストロックやエレクトロニカの時代を築き、その後もクルスターのヨアヒム・ロデリウスとメビウス、アート・リンゼイ、トータスのジョン・マッケンタイア、サント エチエンヌ、アレクサンダー・バラネスク、ビル・ウェルズそして美術家のカタリーナ・グロッセとのコラボレーションを通して、常に新しい実験と洗練された 作品を発表し続けている。ボーダーレスなレーベル TAL 主宰。


HINOSCH „FIRST MONDAY“ EP TEASER #1 from Berlin — Tokyo on Vimeo.

HINOSCH “FIRST MONDAY” EP TEASER #2 from Berlin — Tokyo on Vimeo.